2011/12/09

ぷあかうプレゼンツ『忘年会!』


********

ぷあかうプレゼンツ
『忘年会!』
OPEN 16:30 / START 17:00
前売¥2000+1drink / 当日¥2500+1drink

<出演>
RANGSTEEN
BABY BLUE
THREE MINUTE MOVIE
THE THUNDERROADS
HIGH LIFE
POWERPOPS
HATEMAN
THE VOLUME OUT!
NEON GROUP
マロンチック
HEY高橋
TAKUMI G LICENSE

<タイムテーブル>
17:00 - 17:20 RANGSTEEN
17:20 - 17:15 マロンチック
17:35 - 17:50 BABY BLUE
17:50 - 18:10 DJ
18:10 - 18:30 THREE MINUTE MOVIE
18:30 - 18:45 DJ
18:45 - 19:05 THE THUNDERROADS
19:05 - 19:20 DJ
19:20 - 19:40 HIGH LIFE
19:40 - 19:55 TAKUMI G LICENSE 
19:55 - 20:15 POWERPOPS
20:15 - 20:30 DJ
20:30 - 20:50 HATEMAN
20:50 - 20:05 DJ
21:05 - 21:25 THE VOLUME OUT!
21:25 - 21:40 HEY高橋
21:40 - 22:00 NEON GROUP

終演後、ぷあかう打ち上げ☆

********

POWERPOPS早くも2回目のライブです!いつもライブやぷあかうで顔を合わせるバンドのみなさんと一気に共演となりました〜超ウレシー!!

今回はオリジナル全6曲を演奏する予定で、注目はズバリ下北のパワーポッパー代表オガーの新曲"Stay With Me"です。この曲はAction, Scott McCarl, Raspberries, Titan!の全バンド等々に日々憧れているオガーじゃないと作りえないであろう、オハイオ、ミズーリ、カンザスあたりのアメリカ中西部のあのグッとくる感じなのです!オガー純度200%正真正銘パワーポップ*

この"Stay With Me"のベースがなかなかどうして難しくて毎日ちょっとづつ練習しております。。。理想はActionのBrentさんのような力強くも美しいラズベリズムな演奏なんですが当然一生ムリなので、一秒でも一瞬でもいいから憧れのActionみたいな雰囲気が出せるよう気合でフンバります〜☆


「忘年会!」という大胆不敵なタイトル、ぷあかうプレゼンツとは言ってますが、要するにみんな大好きなロックンロールで繋がった豪華ラインナップが一気にみれるお得な年末ライブです◎みんなで楽しみましょ〜♬

2011/11/05

POWERPOPS



自作自演で恐縮ですが、今回が初ライブ、デビューとなるPOWERPOPSを紹介します〜♬


POWERPOPSは僕がCOKESのオガー君の曲が大好きで、もっとオガー君の曲をいっぱい聴きたい!オガーバンドをやるべきだ!というのが事の発端でした。

オガー君のパワーポップを愛して止まない気持ちに激しく共感し、そもそも楽器は弾けない僕もコイツとやってみたい!と思ったので、もうやるしかないな!と腹をくくりました。

そんな話をぷあかうで飲みながらしていたところ、フィフィさんが「ドラムがいないならみつかるまでオレがやる」といってくれて今回のライブに至った次第です。

今回アップした曲はオガー君がPOWERPOPSをやるにあたり最初に聴かせてくれた"Last Chance"、シンプルで聴けば聴くほど頭から離れなくなる名曲です!

POWERPOPSはShake Some Actionのカヴァー以外はオリジナルを7曲やります。短期間で曲を量産したオガーはまじ凄い!僕は鼻歌でつくった曲を1曲歌います。生まれて初めてつくった曲でタイトルは"Forever"、楽しんで頂ければ幸いです。

今回オガーがどれだけ燃えているかを象徴したエピソードがあって、Choosersのケーさんがライブ前に藤子F不二雄ミュージアムに行きたいという話があり、僕は当然同行するつもりでオガーに話したところ「今回はライブ前に仲良くしたくないよ!」と闘志をあらわにしており、僕も驚いたほどでした。

POWERPOPSというバンド名について、個人的には覚悟と気合の意と解釈してます。パワーポップが女の子よりもカレーよりも大好きです!パワーポップスの名に恥じぬよう格好良いライブをやりたい!!

こんなメンバーでバンドを始めることになるなんて思ってもみませんでした!人生何があるかわかりません。あ〜マジ緊張するなぁ。。。パワーポップが好きな自分を信じてやるしかない!以下メンバー紹介です〜☆

Name : オガー(G/Vo)
Favorite Song : The Plimsouls - Now
Favorite Album : Phil Seymour - S/T
Favorite Curry : パンニャ ほうれん草とカッテージチーズのカレー

Name : ポップンアツシ♬(B/Vo)
Favorite Song : The Action - Till I See You Again
Favorite Album : The Kids - Pop "n" Roll
Favorite Curry : PPカレー 日替わりECOランチ「アボカド+チキン」

Name: Fifi(Dr)
Favorite Song: The Freshies - Dancin' Doctors
Favorite Album: The Roulettes - S/T
Favorite Curry: ココイチ ポークカレー 4辛


***


「ポップンロールナイト・タイムテーブル 」
0:00〜0:15 オープン
0:15〜0:45 POWERPOPS
0:55〜1:25 CHOOSERS
1:35〜2:05 GIMMIES
2:15〜2:45 ROCKBOTTOM
3:00〜打ち上げ


そして当夜は全4バンドがフレイミングルービーズ「シェイクサムアクション」のカヴァーを披露します!自分の企画なので勝手に課題曲にさせていただきましたが、各バンドとも快く承諾してくれました◎

ROCKBOTTOMは最高傑作と話題の3rdアルバム"Revenge"に収録されているので痛快なヴァージョンなのは既に承知ですが、Choosers, Gimmiesはどう来るのか?手本はシングルヴァージョンなのかアルバムヴァージョンなのか?考えるだけで超ワクワクしますね!POWERPOPSは。。。乞うご期待♬

それではみなさんのご来場を心よりお待ちしております〜☆Shake Some Action! That's What We Need!!

2011/11/02

The Choosers



*追記*
大事なことかくの忘れてました!2ndシングルがあのBachelor Recordsから出ます!!


ポップンロールレコーズの看板バンドThe Choosersを紹介します。ココをみてるみなさんは既にご存知とは思いますが、北海道の札幌より世界にパワーポップを発信している奇跡のバンドが、約1年振りに東京で拝めます!未だ観たことがないパワーポップファンは絶対に観た方が良いですよ!!

チューザーズをよく知らない方は、彼らのブログや以前掲載したインタビューをチェックするとより一層ライブが楽しくなることでしょう☆

さて今回アップした楽曲は1stシングルA面のB面、"I Can't Stop"のエディットヴァージョンです。これはシングルの音源をマスタリングしたもので、大大大好きなPhil Seymour大先生のような浮遊感・高揚感を出す為にリヴァーブを強め、オリジナルヴァージョンよりもドラマチックかつドリーミーな仕上がりになったと自負しておりますが、某Mというキーパーソンに「お風呂っぽくね?」といわれ、協議の結果、お蔵入りしたレアーな音源でございます。。。

そんなチューザーズは11/5(土)東京の直前に、11/3(木)大阪でThames企画に出ますので、関西方面の方は是非足を運んで頂きたいです。メンツまじ最高!



11/3 (Thu) at Nanba Bears (Osaka)
THAMES presents "KIDS ARE BACK!" Vol. 2
OPEN 18:30 START 19:00 ADV 2000 DOOR 2500
w/ The Stingrays (from UK), Louder, Thames



以下、昨年のポップンロールナイトでのチューザーズ!いや〜超楽しかったね!!今年のチューザーズはもっと凄いよよよ♬











2011/10/30

The Gimmies

11/5(土) PoP"n"RoLL NITE出演バンド紹介その②は我らがThe Gimmies

というのも実は11〜12年振りの3rdシングル「Let Me Know About Rock"n"Roll」をポップンロールレコーズより来春リリースします!!!

今回アップしたのは練習で録音したデモ。。。もうすでに最高でしょ?

The Gimmiesとの出会いは確か2000年、ソラ君の高校時代の友人と企画し、Gimmies, Young Ones, Havenot'sを札幌によんだのがファーストコンタクトだった。ちょうど1stシングル"Till You're Down"が出たタイミングだったと記憶している。

その時DJでいっしょにきたのがDream On Recordsを始める直前だったモヒ君。オレがDJでRubinoosやProtexをかけるとあのリアクションで応えてくれてすぐに意気投合した。

あれから10年以上経った今も、Gimmiesは自分たちの信じるロックンロールを当たり前のようにやり続けている。そんな中、3rdアルバム"Roll Up", そしてV.A./Tokyo Americanaにも収録された「Comin' Through The Night」を聴いて、オレの中のGimmiesが一変した!


超キャッチーなロックンロール=ポップンロール!!!!!!

最初Comin'〜をシングルカットしたい!って思ったのが、今回ギミーズのシングルをポップンロールから出すきっかけになった理由で、その後のライブで「Let Me Know About Rock"n"Roll」を初めて聴いた瞬間からカモン!カモン!とすぐに口ずさめるキャッチーなサビに完全にナックダウンされ、是非この曲をシングルにしたいとリクエストしたのです!!

パワーポップ/パンク/ロックンロールの名曲はCDではなく、レコードで後世に残さなければ意味がないという信念のもと、ポップンロール記録はレコード盤しか作りませんドーナッツ♬

そんなこんなで、ポップンロールナイト当夜のギミーズはこれまでにないもの凄いライブをしてくれるに違いない!乞うご期待!!

以下、ギミーズのライブスケジュールです〜*


12/4 (日) 
西荻窪FLAT

ELECTROPHONIC presents... Hard Stoppin' vol.3 !!

The Faceful
Balladmen
Your Pest Band
Hateman
The Gimmies
Electrophonic

Open 18:00
Live start 18:30
adv./door 1,800 yen



12/25 (日)
中野ムーンステップ


the Gimmeis企画 "REVENGE POINT"

ボロキチ
BLACK AND WHITE
ROCKET
ROCKBOTTOM
the Gimmies

Open 18:30 / Start 19:00
Adv. 2000 / Door 2300

2011/10/19

ROCKBOTTOM


11/5(土)下北沢シェルター2部(1部はWATERCLOSET&AMBIENCE RECORDS PRESENTS w/The Muffs!)24:00スタートのミッドナイトパーティー「PoP"n"RoLL NITE #102」の出演バンドを紹介します◎

トップバッターはTarget Earth Recordsより3rdアルバム発売間近のROCKBOTTOM!今世界で最も勢いのあるパワーポップバンドと断言します☆

アルバム発売日である11/2(水)にディスクユニオン下北沢店にてインストアライブも行われますので是非!

そして11/5(土)のポップンロールナイトが実質アルバム発売後一発目のライブとなります。。。もの凄いライブになること間違いなし!!



ビデオですらこの興奮。。。やる気あります!と心で叫んでも誰もイナさんのやる気には敵わないかもしれません。先日U.F.O.CLUBで行われたFADEAWAYSとの共同企画も超楽しかった〜☆

やっぱライブにはそこでしか味わえない感動があり、ROCKBOTTOMで味わうことのできるその醍醐味はCheap Trickのそれと同格といっても過言ではないでしょう!!!

以下、3rdアルバム告知とツアー日程です。

******

東京を代表するパワーポップ・バンド、ROCKBOTTOM、5年振り3rdアルバム!

Artist : ROCKBOTTOM
Title : REVENGE
Label : Target Earth Records
Cat.No. : TE-024CD
Release Date : 2011.11.2
Price : 2,500yen (tax in)

01. STARFIGHTER
02. SOMEONE IN THIS TOWN
03. SCRIPT TRAP
04. GIRL IN THE PAST
05. SHAKE SOME ACTION
06. THINKING OF YOU
07. FIND ME OUT
08. PERFECT LOVER
09. WHISPER IN MY EAR
10. READY GO READY
11. REVENGE

ファイアースターターなどと共に東京のパンク、パワーポップシーンにおいて10年以上活動、いま盛り上がりを見せているパワーポップといえばまずこのバンドだろう、という印象のあるROCKBOTTOMが6年ぶりの新アルバムを出す。

今回は完全セルフ・プロデュースで、パワーポップとは何か?ということをソングライティング、サウンド面において追求してきた彼らの活動の集大成であり、現行の退屈な音楽シーンへの”REVENGE”という意味を持った自信作となっている。

またルビナーズ、フラッシュキューブス、スクラフス、20/20、レコーズ、シューズなど多くの伝説的パワーポップ・バンドたちの来日公演をサポートしてきたということもあり、海外のパワーポップ・ファンにも知名度が高く、今回のリリースには注目が集まっている。

あのベル&セバスチャンのボブ・キルデアが彼らのファンというのが一部では有名で、ボブがDJイベントで来日した際にロックボトムをライブ・アクトとして指名され、出演している。

推薦コメント


"Great to hear Saiko new sounds from our good friends in Rockbottom! Totemo ii des!"(Tommy Dunbar / The Rubinoos)


ROCKBOTTOM【REVENGE TOUR】 

【HEAT-SHOCK 3】 
11/12(土)@静岡県 浜松ZOOT HORN ROLLO 
開場18:00開始18:30 チケット\2000(1d込) 
ROCKBOTTOM(東京) 
suicide.TV(岐阜) 
BEATSEEKER(浜松) 
MOTHER(浜松) 
FLORIANS 
DJ: SHOJI 淳吉郎(THE SLICKS) 

○○○
 
11/26(土)@レコ発@東京 新宿JAM

前売2000yen 当日2500yen 
rockbottom
the thunderroads
stairs
zymotics
rangsteen
three minute movie
firestarter
car crash

○○○ 
 
12/17(土)@大阪 PANGEA

前売1800円 当日2300円
開場18時 開演18時30分

ROCKBOTTOM
FRANTIC STUFFS
THE THUNDERROADS
BOYS ORDER
THE TELEPATHYS

前売りは各プレイガイド(ローソン、e+!など)でお求めいただけます。
INFO:wearerockbottom@gmail.com

○○○

『JUMPIN' IN THE NIGHT Vol.9』

12/23(金)@SELECTA
(旧decadent DELUXE)

チケット:2,000円 + 1drink
開場19時30分 開演20時

ROCKBOTTOM(東京)
ZERO(小倉)
La-La Lee's
5SPEED
and more

[info]
090-7161-0352(平島)
e-mail:ljhs@hotmail.com

○○○

12/25(土)@東京 中野MOON STEP

ROCKBOTTOM
the GIMMIES
ボロキチ
Black and White
ROCKET

○○○

『SHAKE SOME ACTION!#44』
1/8(日)@新潟 Live Spot WOODY

開場/開演:18:00/18:00
前売2,000円当日2,300円 (ドリンク別300円)

ROCKBOTTOM
Extention 58
the Thunderroads
the Hills
SOUNDS GOOD

○○○

1/14(土) 水戸 90 east

※時間・チケット代については後ほどホームページにて発表いたします。

Rockbottom
The Dials
The Selectionz
Rod
and more....

○○○

The Choosers and 3rd Generation presents 
【The Rock Show Vol. 5】

1/21(土)@北海道 札幌Hall Spiritual Lounge

開場18:00 開始18:30
前売り1500yen 当日2000yen

ROCKBOTTOM
The Choosers
3rd Generation
THE THANKS
The Lumdees
DAISY

ALL INFO
http://t.co/EFXPgXE でお願いします!

○○○

ワンマンライブ!

2/4(土)@東京 下北SHELTER

開場19:00 開演19:45
※料金等の詳細については後ほどホームページで発表いたします。

○○○

【ホームページ】
http://rockbottom.iinaa.net/

【メール】
wearerockbottom@gmail.com
ツアー前売り、問い合わせは上記メールアドレスで受付中です。

2011/10/05

PoP"n"RoLL NITE #102



PoP"n"RoLL NITE #102
2011/11/05(Sat)
Shimokitazawa Shelter
Open/Start 24:00
Adv/Door ¥1,500 (+1Drink)

POWERPOPS
The Choosers
The Gimmies
ROCKBOTTOM


2010/10/10 PoP"n"RoLL Records主催 The Choosers1st 45リリースパーティーとして新宿JAMにて開催された「PoP"n"RoLL NITE(ポップンロールナイト)」の興奮が再びやってきます!!!!!!


前回は約150人を集客、出演バンド、DJ、スタッフをあわせると200人オーバーのお祭り騒ぎ!おかげさまで大成功のパーティーとなりました!!ご来場いただいたみなさん、改めてありがとうございました〜☆

今回は下北沢シェルター深夜枠での開催となります。オープン&スタートは24:00、チケットは1500円で当日券のみです。まさにミッドナイトからはじまる全4バンドによるポップンロールナイト♬

各バンド紹介、その他、詳細はコチラで後日お知らせします。

パワーポップ/パンク/ロックンロールを愛するみなさんのご来場を心よりお待ちしております!!!!!!

2011/07/16

PoP"n"RoLL Raydio #9


SURFIN' LUNGS - Yesterday's Summer


PoP"n"RoLL Raydio #9のお知らせです☆

7/20(水)22:00〜http://www.ustream.tv/channel/popnroll-raydio

ポップンロールな夏をお届けします!

さてこれから札幌に向かいますが、飛行機間に合うかな?

CHOP! CHOP!! CHOP!!!

2011/07/11

Summer Vacation





















RICHARD X HEYMAN - Vacation


夏は暑い。北海道は札幌の出身なのでここまで暑いとどうしていいかわかりません。。。ということで一週間ほど夏休みをとって札幌へ避暑ぽっぷん!というと海外セレブリティや、どこぞの某レコードディーラーみたいで格好良いかもしれませんが、友人の結婚式がきっかけで帰るだけ。。。どうせならゆっくりしてやろうという魂胆です。

が、ラッキーなことに7/17(日)に我らがCHOOSERSのライブがあります!新曲も披露してくれるとのことなので今から楽しみですね〜札幌のみなさん一緒に遊びましょう☆

  7/17(Sun) @PIGSTY
【FELIX!(THE BAND)presents "TEENAGE FREAKSHOW"vol.1】
  OPEN 17:30 START 18:00 ADV 1200YEN DAY 1500YEN

  Solanex(TOKYO)
  Pelotan(TOKYO)
  upstairs(SAITAMA/CHIBA)
  THE CHOOSERS
  FREE KICK
  FELIX!(THE BAND)
  Baseball knuckle
  ザ ノロノロズ
  EVER COMING HAIR

また、ポップンロールレコーズ推進委員会のタイショとイシイちゃんでお馴染みのPoP"n"RoLL Raydioにお邪魔することになったので、今回はポップンロール・サマーバケーションと勝手に題して、夏を感じるポップンロールな名曲をお届けします!詳細は決まり次第こちらでお知らせしますのでお楽しみに♫

2011/06/05

Bruce Milne (((Au-go-go)))





















MARCHING GIRLS - True Love


現在オーストラリアからBruce Milneが日本に遊びにきており、Gimmiesソラ君らと飲みに行きました。これまで10数回は日本にきている日本大好きなBruceとは以前も話した事はありましたが、ゆっくり話したのは今回が初めて。僕にとってはあのAu-go-go recordsのレーベルオーナーという大先輩なわけで、当時のオーストラリアパンク話を少々聞かせて頂きました。

なかでもSAINTSとRADIO BIRDMANのメルボルンでの初ライブの話は内容だけでもお腹いっぱいでしたが、それを自ら立ち上がってジェスチャーしながら嬉しそうに話すBruceをみているだけで、ワクワクして胸がいっぱいになりました〜☆

Au-go-goの中で特にお気に入りは"MARCHING GIRLS - True Love"で、所有しているものは黄色ジャケのUK盤で1981年リリース。元々ニュージーランドでSCAVENGERSとして活動していた時からの曲で、その頃の音源はよりパンクで当然格好良い。その後オーストラリアに移り、バンド名をMARCHING GIRLSに変えて再録し、Au-go-goの8枚目として白黒ジャケで1980年にリリースされ、翌月ニュージーランドでも白黒ジャケ(オーストラリア盤にある右下のANDA 8のクレジットがない)でリリースされている。個人的には最も曲の良さが引き立っているこのヴァージョンがベスト!更に1987年に再々録され映画に使われたようだが、当時ヒットしたのか、本人達がお気に入りだったのか、その辺りの話をBruceにまた聞いてみよう。





某ユニオンで買い物したレシートをみせてくれたBruceと奥さんのAdele。「こんな長いレシートみたことない」といったら「昨日はもっと長かったよ!」との事。。。







パワーポップが好きというと「RaspberriesとBadfingerどっちが好き?」とか「Flamin' Grooviesはいつの時代が好き?」とかちょいちょい聞いてくるし、 オーストラリアで探してるレコードがあるというと、速攻で自分のメモ帳に"ATSUSHI WANT LIST"と書いて渡してくるようなスーパーナイスガイでございます。

そんなBruceが明日というか今日6/5(日)に、仲良しのHiroshi Sekiguchi主催の"SWANK"にゲストDJで参戦するとのことで、遊びにいきたいと思います〜☆


SWANK vol.27
live & record hop special
6月5日(日)
@高円寺グリーンアップル
start 18:00
1000Yen+1 drink order

Live:
Theee Bat
Stompin' RiffRaffs
Taka-Rock & One Man Heartbreakers

Guest DJ:
Bruce Milne (Born Bad from Australia)

DJ:
Hiroshi Sekiguchi
Wild Ox
Mr.Death
Rie
Matsui (ex Teenage Babylon)
OKD

WELCOME!! 第27回目のSWANKは久々のLive&Record Hopスペシャルです。

Atomic Suplexとのスプリット盤も大好評の暴走ガレージ・パンカーTheee Bat、
あのWFMU/Fool's ParadiseのDJ Rexも認めた本格派Stompin' RiffRaffs、
The Volume Outのギタリストによる泥酔ワンマン・ブルースTaka-Rock & One Man Heartbreakersのライヴに、

なんとオーストラリアからスペシャル・ゲストとして、Crampsルーツ編集盤Born Badで御馴染みのBruce Milneが参加! 

さらに札幌の名物イヴェント(昨年惜しくも終了)Teenage Babylonの盛上げ隊長、DJ松井がまさかの新加入。SWANK始まって以来、最強のラインナップにてお届けします。6月の5日の日曜、迷わず高円寺 グリーンアップルに集結せよ!

さて、早起きだからそろそろ寝なくちゃ〜♬

2011/05/04

ROCK市ROCK座




















明日5/5は子供の日ですが、いつも心にキッズアーオーライ!な大人の為のお祭りがありますね〜以下転記です。

2010年9月11日に大盛況を向かえ、新たな風を立ち上げたNEWイベント
「ROCK市ROCK座」が8ヶ月の時を越え、2011年5月5日(木曜日)
@新代田FEVER、ガキ共の日に帰って来る!!

今回もフリーマーケットからROCK'N'ROLL BANDまで豪華勢揃い!

レコードフェアさながらのdisk UNION 新宿 PUNK MARKETからBASE、NAT、そして前日にUSAから買い付けで戻ってくるPromenade Recordに加え、伝説の通販レコード店のURBANENEMYまで一挙に勢揃い!

また、他にも関口弘商店や赤いドリルまでレコードの事なら任せておけというレコードマニアには垂涎もののオンパレード!

フリーマーケットでは前回に続き、各BAND陣がレコードから古着、小物、エフェクター、ビンテージグッズ、50'Sバッグ、ワンピース、はたまた車(!?)まで目が離せないお宝たちを大放出!

もちろんフリーマーケットエリアは入場無料!!

FOODもレストランPOPOの協力のもと、新たなワンハンドフードも考案中。
BANDも海外からのPUNK ROCK BANDからポップでキュートなGIRL'S BANDまで全開で突っ走る!!

是非、皆さんのご来場お待ちしてます!
そして、最高のゴールデンウィークに!

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

【ROCK市ROCK座 vol.2】
日時:2011年5月5日(木曜・祝日)ガキどもの日!
場所:新代田FEVER

前売り:2500円 当日:2800円 (drink別)
(LAWSONコード:75933)http://l-tike.com/

フリーマーケット開場 15時~
ライブ開演 16時10分~

【出演BAND】
M.O.T.O (from USA)
THE THUNDERROADS
ROCKBOTTOM
PARACHUTE
環七スピードキャッツ
HIGH STYLE
RANGSTEEN
THE LET'S GO'S
Eladysun
THE YUMBERRIES

【フリーマーケット&SHOP】
EROSTIKA, 赤いドリル, disk UNION 新宿 PUNK MARKET, BASE, TARGET EARTH,PROMENADE RECORD, URBANENEMY, 関口弘商店, THE 5.6.7.8'S(FUJIYA), Daddy-O-Nov, YOUNG PARISIAN, SUPERSNAZZ, ROCKBOTTOM, THE THUNDERROADS, RANGSTEEN, THE YUMBERRIES,
環七スピードキャッツ, THE LET'S GO'S, PARACHUTE, HIGH STYLE and more!!!

【DJ】
HIROSHI SEKIGUCHI, FIFI(FIRESTARTER), TAPPEI(STAIRS),
TSUNEGLAM SAM(YOUNG PARISIAN), SENPAI(HIGH LIFE)

【FOOD】
PoPo

会場:新代田FEVER
東京都世田谷区羽根木1-1-14新代田ビル1F
03-6304-7899
http://www.fever-popo.com

★今回、ローソン又はFEVERにて前売りチケットをご購入頂いた方限定で、
Rockin' jelly bean特製ROCK市ROCK座「凪&ミーナ」ステッカーを全員に
FEVER受付にてプレゼント!(LAWSONコード:75933)
http://l-tike.com/

★同時に名前のみでの前売りご予約も受け付けております。
下記のメールアドレスまでお名前、人数明記の上メール下さい。
rock1rockza@gmail.com

尚、今回の売り上げの一部は東北復興支援金に当てさせて頂きます。
微力ながらバンドやバンドを愛する人達が少しでも今回の被災者の方のお力に
なれればと思います。







































第一回開催時のダイジェストです。前回来られなかった方はこれをみれば雰囲気がわかると思います。その3まであります。




個人的に注目は前回よりも更に充実とウワサのレコードと、一番最初に出るYUMBERRIESです。

urbanenemyはツイッター出品予告の時点でかなり良いものが出るようで、NATからはitaさんの私物のPowerpop, Punk, Glamなんかも販売するらしいです。そして謎の「関口弘商店」。。。果たして何がでるのでしょうか?

結成したばかりのYUMBERRIESはオール女の子の3ピースで今回が初ライブです。オリジナルを聴かせてもらった感想は、キャッチーでバブルガミーなロックンロールといった感じで、他に似たバンドがいないので期待大です。本番でやるかはわかりませんが、練習していたカヴァーはこんな感じ。兎に角楽しみですね!





















BONNIE ST. CLAIRE AND UNIT GLORIA - Clap Your Hands And Stamp Your Feet























JAMES BOYS - Keep Moving



その他、ここで説明する必要もないほどに豪華ラインナップでのお祭りですので、みなさん是非いっしょに踊りましょう♬

2011/05/02

CLAP - Have You Reached Yet?




















CLAP - Have You Reached Yet


Sing Sing Recordsより、CLAP - Have You Reached Yet LPがオフィシャルリイシューされたので紹介します。CLAPは70年代前半にロサンゼルスのサウスベイエリアで活動していたロックバンドで、リリースは1972年にNova-Solというローカルレーベルよりアルバムを一枚残したのみ。当然のようにレア盤と化しておりますが、当時Bomp!やBack Door Manファンジンで取り上げられており、一部のロックマニアには名の知れた名盤。1990年にブートレッグが出てましたが、今回の再発の方が音が良くなっているようです。

内容は聴いてもらうとわかるようにRolling Stones影響下のサウンドで、Flamin' GrooviesやNew York Dollsを彷彿する側面もありますが、決してそれだけでは説明できない奇跡的なサウンドがここにあります。フレッシュでキャッチーかつプリミティブなTeen Punkの超大作!また個人的にヴォーカルの声がたまらなく好みのタイプです。

今回Sing SingはこのCLAPと同時に、LIQUID STONE, BUZZ, MOONDOGSというこれまた強力なラインナップできましたが、CLAPを取り上げたのはSing SingからCLAPというのが個人的に想定外だったからです。Punk/Powerpopのリイシューレーベルだからといって型にはまらず「良いものは良い」というフラットな姿勢に好感が持てますね。

ここ最近1970年前後のポップンロールを探して聴いているので、まさにタイムリーな再発なのです。ただこの辺りはあまり詳しくないのでオススメがあれば是非教えて下さい!

2011/04/25

Last Wave vol.14

























大阪でまた楽しそうなライブがあります!といっても今回は残念ながら遊びにいけなそう。。。紹介だけでもさせてください☆

お馴染みFRANTIC STUFFS企画"Last Waves vol.14"、今回はバンド数が多くてイイナ〜と思ったら、ライブの収益を義援金として寄付するみたいです。ライブいくことが寄付になるのは素晴らしいことだと思います。

Last Wave vol.14
2011.05.01(Sun) at Pangea

ADIXION
BLPRS
BALLADMAN
FRANTIC STUFFS
GO-DEVILS
H.M.V
LOUDER
SCREWBALL
TELEPATHYS
YOUNG PENNSYLVANIANS

OPEN 15:30 START 16:00
ADV/DOOR 2000+1DRINK


ここをみてる方はご存知かもしれませんが、LOUDERがPUBLIC DISTURBANCE - S&Mをカヴァーしてて、最初みた時は目ん玉が飛び出ました!




















PUBLIC DISTURBANCE - S&M


Mutha関連は詳しくないですが、粒揃いな愛聴盤KBD#8 1/2のジャケに抜擢された彼らのS&Mは大好きなんです。このEPの前にリリースされたLPは未聴ですが、機会があれば聴いてみたいです。



あー最高!大阪近郊の方は是非ライブに遊びにいってPOGOってください!!

2011/04/12

PoP"n"RoLL Raydio #6




















SPARROWS - Hey Kari G


今夜4/12(火) 22:00〜PoP"n"RoLL Raydio #6
http://www.ustream.tv/channel/popnroll-raydio

今回のテーマは「90年代前後のindie pop」ということで、Taishawと石井ちゃんが得意とするあたりを中心にやるみたいです。恐らくポップンローラーズもいける素敵な音楽が聴けることでしょう!

そんな彼らにエールの意を込めて、マイファイバリット90ズな一枚、"SPARROWS - Hey Kari G"を紹介します。

Sparrowsはミネアポリスのパワーポップバンドで、"Hey Kari G b/w Smile My Caroline (1990)", "That Kind Of Girl b/w The Way I Wear My Face (1991)"と2枚のシングルをSusstonesよりリリース、その後はVandaliasとして活動。VandaliasでもHey Kari Gをセルフカヴァーしてますが、Sparrowsヴァージョンの方がよりグッといかすのでお気に入りです。

90ズのパワーポップは音があまり好みではないものが多く、よっぽど曲が良くないとひっかからないのですが、Sparrows - Hey Kari Gは「これぞパワーポップ!」と声を大にしていいたいですね。本当に素晴らしい☆

Yellow Pills #1収録の"Vandalias - Get To Know You"もホリーズよろしくなイントロと転調、さりげない(ココが重要)パパパコーラスがたまらない名曲でございます。

VANDALIAS - Get To Know You


そんなこんなで、知られざる90ズなポップンロールに出会えることを期待しつつ、今夜のポップンロールレディオを楽しみにしております♬

2011/04/11

Eve of Destruction






















Peer Pressure - Eve of Destruction



KBD#12収録の"Sounds of the 80s"でお馴染み、Peer Pressureの1stシングル以前に録音されるもお蔵入りになっていた音源より。2001年リリース、350枚プレス。

Ryan Richardsonの数ある功績の中でも、Peer Pressureストーリーは素晴らしいです。個人的にかなり影響も受けました。インサートに記録されておりますが、Break My Faceでもみれるので興味がある方は是非。













ご存知「明日なき世界」のカヴァーですが、聴いてのとおり完全に別物と化しており、初めて聴いた時はカヴァーだと気づきませんでした。いろんな人がカヴァーしており、Dickiesヴァージョンも当然大好きですが、Peer Pressureはぶっちぎりの格好良さです!こんなのをメンバー2人だけでやってのけるPeer Pressureはバケモノですね。。。


そして、先日のFifiさんヴァージョンがまたグッといかしてました♬

2011/04/04

CLANDESTINE - from the album of the same name




















CLANDESTINE - I'm Sorry


CLANDESTINE - Something Happening


個人的な話ですが、僕はCDを買いません。というと極端ですが、よっぽどのことがない限り購入しないのは事実です。理由はレコードの方が好きなので、CDを購入するお金をできる限りレコードにあてるようにしてます。

そういうと「CDでしか聴けない曲は無視するのか?」と問われるかもしれませんが、逆をいえば「レコードでしか聴けない曲」も当然あります。また近年だと、昔よりレコードが売れないリスキーな状況下で、アナログ盤にこだわってリリースするバンドやレーベルにはシンパシーを感じるので、僕は極力レコードを選びたいのです。

 一生のうちに聴ききれないであろう音楽が既に存在しており、これからもどんどん増え続ける中、当然「良し悪し」があるわけで、自分なりにジャッジする必要があると思います。よってポップンルールを決めて、自分にとって最高な音楽を日々探し求めてますが、そのルールのひとつが「CDを買わない」なのです。

しかしながら、物事にはやはり「例外」があり、そんなルールが一切通用しないことが稀に起こります。最近だとV.A./Titan!: It's All Pop、USERS/Secondary ModernあたりはCDでのリリースでしたが、当然の如く買っておりました。

今回紹介するCLANDESTINEもCDでのリリースですが、そんな例外となり得るであろう名盤の予感です。待ちに待った初音源が12曲収録のフルアルバムで登場。収録曲などはCLANDESTINEのレーベルHPで確認できます。正式な発売日は4/23のようですが、レコ発が4/16(土)@高円寺ペンギンハウス、レコ発前夜祭が4/8(金)@プアカウとのことですので、是非遊びにいきたいと思います。詳細はCLANDESTINEブログよりチェックしてみてください。


話は変わりますが、Sing Sing Recordsが震災以来、日本のバンド特集をやっており、赤十字への募金を含め、日本を応援してくれております。それに感銘を受け、僕も一枚紹介させてもらいましたので、興味のある方はご覧ください。また我こそはという方がいれば、直接レビューを送るのも全然OKAYだと思うので是非!

2011/03/11

じんぼナイト





今夜の「じんぼナイト」@ぷあかう、夜勤の為欠席です。ナイトシリーズは皆勤賞だったのに残念無念。。。

よって昨晩は「ひとりじんぼナイト」を開催しておりました。じんぼナイトって何?という方はぷあかうのページをご覧ください。要は2000年以降にリリースされたレコードを聴いていたというわけです。

その中でも最近お気に入りの一枚を紹介します。NYブルックリン産"GAMES / Don't Look For Her b/w Funny Girl"です。

盟友Jeremy(Sing Sing Records, ex-Carbonas, ex-Busy Signals)とDustin(ex-Gentleman Jesse & His Men)が現在やっているバンドで、TreyのRob's Houseより2011年1月にリリースされたばかりのファーストシングルです。

最近の彼らの趣向が見事に凝縮されたGlammy Bubblegummy Powerpopに仕上がっており、抜群に格好良いのです☆

実は当初Jeremyよりこの2曲が出来上がった時に「ポップンロールから出さないか?」というオファーもあったのですが、Choosersをリリースしたばかりだったので実現しませんでした。次回タイミングがあえば是非やりたいと思っております。




















そんなJeremyより先日「日本のレコ屋にどうしても欲しいバブルガムのレコードがあるから頼めないか?」との連絡があり、チェックしたところ偶然にも、その前日に僕がオーダーしたレコードだったという事件が発生しました!

その後、探したら違うレコ屋で同じものがみつかり事なきを得たのでした。

レアなアメリカのレコードが日本のレコ屋に2枚あったことにまず驚き、それを日本とアメリカで同時期にみつけるというのも相当レアケースでございました。

ちなみにそのレコードは2000年以降のものではないので割愛しますが、こちらで聴けます。これヤバいです!

話を「じんぼナイト」に戻しますと、2000年以降も格好良いバンドはいっぱいいるし、僕らが好んで聴く音楽はまだまだレコードでのリリースが主流だということは間違いないです。

今夜は僕の知らない気になるバンドがいっぱい紹介されることでしょう。ユーストリームが録画されることを願って楽しみにしたいと思います☆

2011/03/10

Nobody Knows



未だPaul Collins' Beatの興奮冷めやらぬ中、日課というか生理現象であるパワーポップを浴びるように聴いて余韻に浸っております。

来日公演をサポートしたバンドも全て格好良かったです。その他DJ、企画、会場のスタッフ、そしてチケットを購入してライブまで足を運んだファンが一体となった、まさに「最高のライブ」だったと思います。

先月のRubinoosも然り、これぞパワーポップ!という心底燃えるライブを直に体感できるチャンスはそうあるわけではないので、何ものにも代え難い貴重な体験であります。

現在進行形のバンドにも同等の興奮を求めて、これからもできる限り日々ライブに足を運びたいと思います。


今回アップしたのは、"Scott McCarl / Nobody Knows"です。Yellow Pills #3収録、またTitan!リリースの名盤"Play On"でも聴けるので、ご存知の方も多いでしょう。

Raspberriesバージョン以上に思い入れが強く愛聴しておりましたが、数年前にポップンロールナイトでこの曲が流れて、喜んでDJブースに駆け寄るとシングル盤が45回転しているではありませんか!

2004年に英国Cherry Redがシングルカットしていたのです。それを知らず騒ぐだけ騒いで探すのをすっかり忘れていたら、Paul Collins' Beat大阪で久々に会ったそのDJ本人の、はらだ君がプレゼントしてくれました。大好きな曲がシングルで聴ける喜びは格別です。はらだ君ありがとう♬

大阪には冴えてる友達がいっぱいいるので、つい足を運びたくなるのです。他にも今回の大阪遠征では様々なドラマがありましたが、今日はここまで。また気が向いたら記録します。


When I see the way she looks at him
Hurts so bad, you know it's such a sin
To see her love him while I just walk on by

(Nobody knows) what it does to me
(Nobody knows) no one could ever see
Nobody knows what it does to me

Now those tender looks upon her face
Are meant for someone else who's in my place
And he's her lover the way I used to be

I can see her dancing with someone else
Holding him so close while I'm by myself
I just want to hit him but that won't do
All I know is I've got to find some way
I can get to you

When I see the way she holds his hand
It burns inside me, I can't understand
How could she love him the way she once loved me

Nobody knows

2011/03/04

PAUL COLLINS' BEAT




念願のPAUL COLLINS' BEAT初来日☆本日SHELTERいきます!

土曜のGARDENももちろんいきたいところなんですが、ポップンロールレコーズはPAUL COLLINS' BEAT大阪公演をサポートしておりますので、前乗りして日曜のMELEでもう一回みます!!

男の中の男の音楽POWERPOPのパイオニアを、生で拝めるのは最初で最後かもしれないと思うと2回くらいじゃ足りないから本当は全部いきたいです!!!

大阪のみなさん、前売りの予約はお済みですか?今回の前売り特典はファンジン+CD+ステッカーと豪華なのでまだ予約してない方は是非☆

それではみなさん会場でお会いしましょう♬

★Paul Collins' Beat大阪公演予約専用アカウント★

paulcollinsbeat_osaka@mffm.sakura.ne.jp

上記アカウントに「お名前(フルネーム)、人数」を記載の上、送信下さい。

【Paul Collins Beat大阪公演】

■3月6日(日)
■会場18:00 開演18:30
難波MELE(旧 難波ロックライダー)
〒556-0016
大阪市浪速区元町1-2-2浪芳ビルB1F
TEL:06-6634-1539 / FAX:06-6634-1566
お問い合わせ:info@namba-mele.com

JR難波駅から東へ1分。
地下鉄四ツ橋線難波駅30出口を出て東へ1分。
四ツ橋筋、千日前通りの交差点南西角。

■前座
Liquid Screen
Wimpys
Yaggies
■DJ
Von Sentimental
(PoP"n"Roll Records)
James
(Night Beat Records)
Kodama
(Time Bomb Records)
■前売り
3500円
■当日
4000円

■前売り特典 (限定70部)

PoP"n"RoLLファンジン
・PAUL COLLINSインタビュー
・GENTLEMAN JESSEインタビュー
・ROUGH KIDSインタビュー
・LA POWERPOP DREAM ROCKERS! (CD&レビュー) 

PAUL COLLINS BEATステッカー

※ライブ終了時に会場でそのまま軽く打ち上げもあります。(深夜2時まで)

TOUCH ME FOR THE TOUR INFO




















PoP"n"RoLL RaYDiO #0306 
LA POWERPOP DREAM ROCKERS! 1975-85 A2Z comp

01 ACCELERATORS / It's Cool To Rock [1979 Wide Open]

02 BANGS / Getting Out Of Hand [1981 Downkiddie]
03 BLITZ / You Don't Have To Tell Me [1979 Richmond]
04 BREAKERS / Radio Love [1981 Riot]
05 CHERI GAGE / Let's Dance [1983 Invasion]
06 CONDITIONZ / She's So Suburban [1983 Primal Lunch]
07 CONTRABAND / In The Night [1979 Louder Faster Music]
08 DENNY WARD / When I Get Home [1978 A Needle and Pins "Sound" Product]
09 EARWIGS / She's So Naive [1982 Rock-A-Mod]
10 IMPOSTERS / Inside My Head [1983 Dublab]
11 JACK LEE / Sex [1985 Lolita]
12 JACK STACK A TRACK / Good Time Music [1975 Hot Lix]
13 LITTLE GIRLS / I Really Want To Be With You [1985 FTM]
14 NUMBERS / Close My Eyes [1983 Voxx]
15 POINT / No Desire [1981 Radlab]
16 PUSH UPS / Global Corporation [1979 Pop Up]
17 QUESTION / Easy [1983 Warf Rat]
18 QUICK / Pretty Please [1978 Quick Fan Club]
19 RONNIE JAY / Berlin [1981 Trotte]
20 SHAKE SHAKES / You Can Run [1979 Notown]
21 SPYS / Wish I Could Be Like Him [1980 Baroquen]
22 STIV BATORS / I'll Be Alright [1979 Bomp]
23 TOASTERS / Stuck On You [1979 Bagel]
24 TOMMY ROCK / High School [1979 Mystery, Mushroom]
25 WIGGLERS / Dance With You [1983 Vodka]
26 WIPPO / Totally Hip [1980 Manmade]
27 ZOLAR X / Jet Star 19 [1982
Pyramid]

2011/02/05

PoP"n"RoLL RAYDIO~RUBINOOS来札スペシャル~





















PUSH / Fallin


PUSH / I'll Have You Someday


トゥナイト!22:00より、PoP"n"RoLL RAYDIO~RUBINOOS来札スペシャル~にゲストで参加させていただきます。場所はCHOOSERS Kさんのお店
"TEENARAMA!"よりユーストリーミング!!

チャンネルはコチラ☆
http://www.ustream.tv/channel/popnroll-raydio

RUBINOOSはもちろんのこと、RUBINOOSがカヴァーしている元ネタ、そしてRUBINOOSを感じるアメリカンパワーポップをガンガン紹介しちゃいます。

例えばこんな一枚!RUBINOOSと同郷のカリフォルニア産のスーパーパワーポップトリオ"THE PUSH"!!

Aサイド"Fallin"はタイトルからすでにRUBINOOSを彷彿しますが、ハイトーンヴォイス、メロディまでRUBINOOS酷似サウンドで、さらにROCKERSスタイルのRickenbackerが何とも心地良い極上パワーポップ!

フリップ"I'll Have You Someday"がまた同様に素晴らしく、カリフォルニアでなければ起こりえないであろう高揚感がムンムンでたまりません!Buddy Hollyライクなパワーポップでは最高峰でしょう!

他にもオブスキュアなパワーポップを紹介予定なので、土曜の夜ではございますが、お時間のある方はぜひぜひご参加ください☆

さていよいよRUBINOOS来日公演スタート!初日の東京は今夜、もうすぐ始まりますね~ルビナーズがまた拝めると思うとドキドキしちゃいます!!

札幌は2/8(火)まだ前売り間に合います!前売り特典が豪華です!!詳しくはThe Rubinoos Live in Sapporo!を確認願います♪                                                                                                
The Rubinoos Live In Sapporo E-Mail Address
therubinoosliveinsapporo@hotmail.co.jp
USED GUITAR SHOP & POP'N'ROLL BAR Teenarama!
札幌市中央区南3条西7丁目4-1-6 狸小路7丁目
TEL 011-233-0569
HP http://www.teenarama.jp/
E-mail powerpop@teenarama.jp


RECORDS RECORDS 南2条店

札幌市中央区南2条5丁目
TEL 011-221-0960
OPEN 11:00 CLOSE 21:00 年中無休


ローソンチケット Lコード L : 14908

2011/02/01

THE RUBINOOS JAPAN TOUR 2011 追記







来日ライブの楽しみのひとつが物販!今回のルビナーズツアーTeeはかなり好みのデザインなので紹介させてもらいます!!

みんなでコレに着替えて、アンコール2回目の"Shake Some Action"で大大大合唱しましょう♬(あくまで願望です)

以下、エアー・メイル・レコーディングスより転記です。

ライヴ会場で販売するオリジナル商品のご紹介。

まずはT-シャツ関連、3アイテムで4種類あります。



ライトブルーとオレンジのT-シャツは今回のツアーに合わせて制作されたもので、過去のライヴポスターのデザインをまるごと復刻したヴィンテージ風のものです。

ちなみにイラストを手がけたのは、メンバーの親友で過去にグラミー賞ジャケットアートワーク部門を受賞したこともあるジョン・シーベリー。


















背中には「The Rubinoos Rules JAPAN2011」(「ルビナーズ最高 JAPAN 2011」という意味です)と記してあります。










ベースボール・シャツは前回のジャパン・ツアーで販売していたもののアンコール・プレスです。色はブルーとレッドの2種類(デザインはどちらも同じです。写真はブルー)。

価格はすべて税込2000円を予定しています。 
















続いて缶バッジ。

今回は全15デザイン、サイズは25mm、44mm、76mmの3タイプ、全22種類あります。76mmは特大バッジで圧倒的な存在感あり!!

価格は25mmサイズが各200円、44mmサイズが各300円、76mmサイズが各400円です。

各種類、数に限りがあるので品切れの際はご容赦ください。



Donn Spindtにまで会えるとは。。。I can't wait!!!!!